2012年04月01日

社会人第一歩

長女が、3月無事大学を卒業して、なかなか決らなかった就職先も自分で調べて決めてきた。
その会社は、体育会系の会社で、営業もインセンティブがつく一部上場会社
まだ、配属先は決まっていません。
その長女が、先週水曜日から土曜日まで三泊四日の新人研修合宿に参加
合宿前まで風邪で熱を出していたのですが、病院でインフルエンザでないことが確認できたので参加できた。
かなり厳しい合宿と漏れ聞いていたので、最後まで逃げないで終えて昨夜22時過ぎに帰って来た。
ぎこちない歩き方で
合宿の間も熱をぶり返したらしい。

見ると足には血豆とあちこちに湿布
それは、帰宅前日に30キロを歩きに競歩を加えて完走?したらしい。
いままで、今回の様な経験をしたことのない娘にとって良い経験だと思っています。
若いうちに、自分の限界を知ることは、これからまだ続く人生にとって絶対に役立つと思う。
今回は、まず逃げずに最後まで参加したことで社会人第一歩は、合格点をあげたい。
話を聞くと、自分で学んだこともかなりあった様で、人としても成長したのではないでしょうか。
これからも成長を見守っていたいと思います。
posted by あてさん at 09:24| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月25日

代官山蔦屋

代官山には、大学の先輩パティシエである弓田さんのお店に買いに車で出掛ける。
でいつも困るのが駐車場

路地にあるコインパーキングが、いつも満杯

しかし今度新しく大きな駐車場が出来た。それもなんと120台という凄さ!
この場所が、大きな駐車場だという訳ではないのです。
なんとここは、本屋さん・クリニック・ペットショップ・電動アシスト自転車ショップ・カメラ店・ダイニング・バー・カフェが集まったスペース

そうカルチャア・コンビニエンス・クラブが企画した「代官山T-SITE」

あのTSUTAYAの増田宗昭さんが、企画したプロジェクト

「プレミアエイジ」と位置づけされた50歳以上の大人達が、その場所に集まり新しいカルチャアスタイルが生まれることを

増田さんは
顧客が、自分にとって快適で価値が高いサービスを求めているということを意識してビジネスを展開されている。

あのTSUTAYAもただCDやDVDをレンタルしていることを目的にしていない。

TSUTAYAは、生存に不可欠なものではないが、あって欲しいけどいつも必要なわけでないものの所有という概念を広げることを目的としている。


所有という枠を広げているのである。


今回の「代官山T-SITE」は、私達50歳以上は少しいろんな意味で余裕が出てきており、ゆったりとした空間を求めている。

この場所は、そんなゆとりとまったり感を過ごしたいそしてコーヒー等もゆったりと飲みながら本を読むような時間を持ちたいという人には、ぴったり
ペットショップもあり、ペットを連れて代官山を散歩することも

すごく楽しみな場所です。
posted by あてさん at 07:44| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月18日

親の教育

今日以前勤めていた仲間と飲み会を
知り合いの中華料理屋さんでの出来事
それは、我々の隣に来たお客様
お母さんと娘二人
見ためは、裕福そうな感じ
最初は、私の背後にいたのでどんな人達か、注意していなかった。
そこに店主が餃子を持って我々のフロアに上がって来た。その餃子は、我々が注文した餃子だと思っていた。
そんな店主が、隣席の人達に一生懸命説明している。
よく聞いてみると注文した商品(食べ物)を出来上がったにも関わらずキャンセルすると言っているのが、聞こえた。どうも金額の割に料理の量が少なく高いと文句をつけている。俺は、そう思わないがそう思うお客様もいるでしょう。
しかし聞いていると出来上がった料理をキャンセルすると言っている。
まだ出来ていない料理だったらそれは、わかる。
が、しかしその親子は、出来上がった料理をキャンセルすると文句つけている。
店主も一緒懸命説明している。
そんな状況を見ていて、その人達に「それは、おかしいでしょ」と私もそのお客様?に言った。
そしたらその娘が言ったことに驚いた。
「今までも出来上がった料理をキャンセルしたことある」と言った。
思わず耳を疑った。
それはおかしいと言ったら、舌打ちをする始末
私の娘だったらぶっ飛ばしている。
最後に「だからこのお店お客少ないのよ」と捨て台詞

こんな親がいる日本にみんな愕然とした。


posted by あてさん at 03:11| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月04日

ビジネスコーチ新年会

節分の日
ビジネスコーチ社の今年初の研究会
そして新年会

研究会テーマは
「2012年のあなたのビジョンと戦略を明確にする」
今年のビジネスコーチのキーワードは、「磨く」
過去は、変えられない。変えられるのは未来だけ
これが基本!
まずは今年の自分の目標を明確にするためには、目標を達成した状態を具体的な形にビジュアル化する。
これは未来をみること。
未来を見ることで、希望になりワクワクして脳が、活性化して実現する力が湧いてくる。
このグッドサイクルを回すように支援するのがビジネスコーチの役割
そして明確になった目標を達成するための具体的方法を80:20の法則を繰り返し行って無駄を省き、目標達成の最短距離を気付かせる。
これが磨くという事を、今回の研究会で学んだ。

その学んだことを、二人一組で、クライアントとコーチを交代しながら実践
私の相手は、今日初めて会った鉛筆メーカーの方でした。お互い今日学んだことを意識してコーチング
この実践も凄く役に立ちました。また以前より自分もコーチとしてファシリテーション力アップしている事を感じた。

そしてその新年会は、また凄かった。
全員前向きな人ばかり
ビジネスコーチ社の細川社長から始まり全員違う会社なのにパワー炸裂
そして、同郷の飛騨高山出身者と田舎の話でも盛り上がった最高の新年会でした。
posted by あてさん at 06:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月24日

江角マキコさん

新春の「ぴったんこカン☆カン」に江角マキコさんのJTのバレーボール選手時代一年ちょっと過ごした大阪を安住アナウンサーと訪問
江角マキコさんが、この時代多くの挫折を沢山経験した。いつもテレビで活躍している現在では考えられない。
その地に20年ぶりに振り返って行く。
その思い出は、辛い過去だった為、楽しい思い出も全て封印していた。
しかし、以前勤めていた当時の人達に会う度に氷が、溶けていくように楽しい思い出を思い出していった。
そのリアルに思い出す瞬間が、見ている私も同じ気持ちになった。
過去は変えられない。変えられるのは未来だけ
ですが、辛い過去を封印することで未来だけをみるだけでなく、その中に自分を支えてくれた人や良い思い出を思い出して、それを大切にする事を教えてもらいました。
どんな人にも多かれ少なかれ封印したい過去が、あるので封印を解く大切さも教えてくれました。
posted by あてさん at 02:34| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月08日

初夢

今年の初夢は、先月中旬に亡くなった父親が、夢にそれも初夢に来てくれました。

「亡くなったんだよ。」
「知っているよ。でも俺はここに居るよ。」
と言って家の柱を叩いた。

と言う夢の中での会話
今住んでいる家には、そんな柱は見当たらない。
実家の家にある柱なのかな
それらしい柱は、有る。

物として表現したかったのか
それとも我々を、大黒柱となって支えるよ!
と言いたかったのか

今出来るだけ我々の近くに居てもらう為に
東京に新しいお墓を造る様に進めています。
これが出来るとお墓参りが、いつでも出来るので
本当に、良かったと思います。
posted by あてさん at 09:42| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月02日

2012年新年挨拶

新年明けましておめでとうございます。
昨年は、大震災により忘れられない年となりました。
そんな中経済の活性化することで、少しでもお役に立つ事
そして、お客様の成功を手助けする理念を意識して活動させて頂きました。
その結果、増収増益で12月決算を終了する事が出来ました。
今年も経済活性化とお客様のお役に立てる様に
スピード・実行・柔軟をキーワードとして
ポジティブに行動したいと思います。
本年もよろしくお願い致します。
posted by あてさん at 00:12| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月29日

父親の死

12月12日10時32分に父親が、他界しました。
84歳の生涯でした。
飛騨に生まれて、旧制工業高校・旧制高専を卒業して中島飛行機に憧れていたようですが
教員となって定年まで務めました。
厳しい父親で、殴られたり、真っ暗な蔵に閉じ込められたり
小さい時の思い出は、恐くて恐くて仕方なかった。
教員の為に早く帰ってくることが多く、毎晩家族一緒に夕御飯を食べていましたが、
私は食べ終わると出来るだけ顔を合わせたくないので直ぐに自分の部屋に戻っていた。

そんな父親と東京で一緒に呑んだ中での思い出は、大学生の時下北沢の居酒屋さんでした。
そのお店は納豆汁が美味しくて、お店の出入りに太鼓を叩いてくれるので
父親も記憶に残っていたようで、いつ迄もそのお店の話をしていました。
それと、私の就職後父親が仕事で東京に上京してくる事に
なったので、当時一番高い京王プラザホテルを予約して歌舞伎町の奥に有った
白川郷という合掌造りを移設した料理屋で呑んだ。その料理屋のお酒は竹の筒に入っており、お酒を杯に入れる度に、良い音がして気分が良かったのか父親は泥酔して京王プラザホテル
に泊まったことを覚えていなかった。

以前務めていた会社の仲間と車二台で、田舎に遊びに行った時は
父親も大勢の訪問で嬉しかったのか
蔵から火縄銃を持ってきて見せたり、わたしも聞いたことが無かった
芸者さんとお酒を飲む時の盃の受け方等
来た皆に一生懸命話をしていたことも、有りました。


そんな父親から4年前電話が、私に掛かって来た。
「手が痺れている」と
直ぐに友達の脳外科医に電話して相談すると早く病院へ
と言われて、診てもらったところ
軽い脳梗塞と言う事で2週間の入院となった。
その後何回か入院することになったので
東京に両親を呼び寄せる事にしました。

家の前に有るマンションに両親が、住む事になった。
両親は、近くのスーパーやコンビニに二人で手をつないで買い物に行っていました。
特にコンビニでは、評判の夫婦だったようです。
コンビニに入っていつも同じ道筋で歩いて購入したようでした。

東京に来てからは、二人とも病院通いで、その仕事のほとんどは
わたしの奥さんが対応してくれていた。
デイサービスも利用しました。

呼び寄せについては、日経新聞夕刊にも紹介され、その記事が田舎の新聞でも紹介されました。

10月には、父親の希望で二泊三日で田舎に連れて行った。
その時、親戚はの挨拶周りしたり、お墓参りしたり
久しぶりの田舎の空気を、味わって満足していた様でした。
その時は、まさかこんなに早く亡くなるとは、思っていませんでしたが
これが最後の田舎かなっと漠然と考えていました。

11月23日朝から背中が痛いということで湿布を貼っていたようです。
それが午後16時前に救急車で運ばれた。
丁度その時は、名古屋に出張で新幹線の中だった。
父親の携帯がなったが出られなく、その後家族からの電話で
救急車で運ばれたことを知った。

名古屋に着いてから家族に電話して確認した所、水分不足による体調不良ということで
点滴をしている連絡だったので、そのまま名古屋に留まることにした。
夜になって急遽家族が病院に呼び戻された。
一時心停止した。
今週一杯持たないかもしれないとの話で次の日の朝一番で東京に戻った。

病院にいったところ、父親は集中治療室で話すことが出来るまでに
復活していた。
輸血が功をそうした結果でした。
先生から父親の病名と説明を受けた。
「大動脈破裂か解離」である。
場所が、心臓から伸びている大動脈
しかしいつまた破裂か解離が起こるかわからない。
私が到着する迄は、奥さんが病院に泊まって居たので
交代して泊まることに

先生から手術の選択の説明が、有りました。
現在手術出来る可能性は5割以下ですが、どうされますか?
もし痛い思いをして手術しても助かる確率から考えてその時点では
手術しない事を、決断した。
流石に仕事上の判断と違い人の命に関わる判断だったので
やはり躊躇

入院二日後、さらに回復したので
先生から手術の成功率が5割以上になったとの説明。
ここで手術する事を、再度決断して
手術出来る病院に転院することとなった。

転院先の病院で精密検査して頂いたところ、
破裂か解離しているのが、背中のため手術は、出来ない事が
判明した。
これからは、内科治療で進めるしか無いと説明頂いた。

亡くなる3日前には、順調にリハビリ出来ており
ベッドの横にも立てる様に迄回復していた。

ところが翌日から血液中の酸素濃度が、悪く
亡くなる前日は、意識はあるものの呼吸が苦しそうで
マスクの酸素濃度をあげてもらったり、
注射で薬を投与頂いて酸素濃度も90%近く迄回復
しましたが、翌日は朝から調子が、悪なったらしい。

病院から電話があった時は、来客中で家族で病院に着いた時は、
既に息を引き取っていました。

戒名も「釈正見」に決まり、これからは魚藍坂のお寺さんでゆっくり休んで貰います。










posted by あてさん at 06:45| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月18日

本当のオシャレとは?

日本テレビ『心ゆさぶれ!先輩ROCK YOU』を初めて見た。
今週のゲストは、BEAMS社長 設楽洋さん

この番組の中で設楽社長は、新入社員に聞いている質問があるのだそうです。
それは『オシャレとは?』との問い
いろんな答えが、返ってくる。
設楽社長の答えは、『おしゃれとは相手の気持ちがわかること』という答え

それに気がついたのは、設楽社長の学生時代の友人と会った時
学生時代オシャレだったその友人が、ダサイ恰好で現れた。
その時は、『何てダサイ恰好だろう。学生時代はオシャレだったのに』
と思ったそうです。
しかしいろいろ話をしたところ、その友人の外見だけで判断してしまった事
からの反省だったそうです。

人間の内面を、成長させる事
それが
最終的に相手の気持ちがわかる
に通じる事だと思う。

大人になったら自分の顔に責任を持ちなさい。
これも同意語だと思う。

その顔に責任を持てる様な内面を磨きなさい。
その内面の成長が、顔に現れるのです。

人生いろんな出来事が起きます。
困難な壁にぶつかる事も
その時、逃げない!前向きに進んで行くポジティブな気持ちが
自分を成長させてくれる。

そして相手の気持ちがわかるためには
傾聴する事も大切
自分の主張も大切ですが、相手が一体何を伝えたいのか
何を思っているのかよく聴くこと

自分が伝える時も、伝わるために
相手が聴いてもらえる環境を作っているか
伝わるために、伝える事を明確にしているか
などなど


本当のオシャレの話を聴いていて
いろいろ考えさせられる番組でした。
posted by あてさん at 09:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月16日

危機管理と顧客満足

どんな会社にもクレームが、発生する。不祥事が、起きる。家庭でも同じである。
その時の対応が、その会社(人)の本質が解る。社内でも同じで悪い情報が一番速く共有化される事が大切である。
当然オープンにする事で、短期的にはデメリットが発生するが、長期的にはメリットとなる。
いろんな危機管理が有るが、どんな事も情報の共有化が必要である。
そうする事が最後にはお客様の満足に繋がる。
今回の原発事故でもその事がよく解る。

今日、パートナーの会社の信頼出来る友人からその会社の不祥事が有ったとの連絡を頂いた。
その事は、発生してそれ程経っていないはずなのに、まだお客になっていない私迄に連絡がはいった。
中々出来る事ではない。
これこそ災い転じて福となる。
こんなに素早い対応が出来る会社(人)に対して私が思っていた信頼感は、間違っていなかった事を改めて感じた。
これが顧客満足だと思う。
我が社もお客様からそう思ってもらうように意識して仕事を進めたい。
posted by あてさん at 23:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月16日

顧客満足

急ぎでデジタルビデオカメラが、必要になった。
それも今日の昼までに必要であった。
今日の今日なので、在庫を持っているお店を探すしかない。
それも昼までには、数時間も無い。
当然無駄脚を踏んでは時間的に間に合わない。
当然一番近くのお店に在庫が有るか確認する。
それでネットでそのお店の電話番号を調べて
電話を掛けた。
Y電機に
しかし中々繋がらない。
やっと繋がったので、必要なメーカーの品名と型番を伝えた。
ところが、「電話では、在庫も、価格も回答出来ません。
取り扱いが有るかどうかだけは、回答出来ます。」
「在庫だけでも知りたいですが
お店に行くしかないの?無駄足になっても?」
「ハイ」

当然直ぐ電話切った。
もうこれからY電機には、買いに行く気は無くなった。

価格は、別にしても在庫が有るかどうかも回答しないという
姿勢は、お客さんが無駄でもいいから来店してくれとの態度で有る。
当然車で行って駐車場の費用もかかる。
有ればまだ良いが、無い時は駐車場代も払って成果無し
という最悪の場合がある。

たった一本の電話の対応
会社の方針だろうが、私には理解出来ない。

自社に例えた時、例えばネットで商品の在庫が
有るかどうかわからない時に、電話をかけてきた
直ぐにでも欲しい方に、来店して確認して下さい
と回答していることと同じである。

それであれば、ネットで在庫確認出来るシステムを
作ってくれれば良いのです。

こんな商売があってはならないと思う。
その意味でも今後Y電機では、買わない。




posted by あてさん at 21:42| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月28日

未来志塾

今年で4年目になった写真館の人材育成塾である「未来志塾」が、昨日からいよいよ開講
3ヶ月の間に月に2日延べ6日間にわたりライティング・ポージング・デジタル処理等の写真技術のみならず
写真を撮る心構えと写真館の使命を日本の写真館を代表する講師陣が、自分の持てる全てを伝えています。
毎年塾生は、全国から集まって来ます。さすがに今年は東北地方からの参加は、有りませんでしたが

昨日は、博多で行列ができる写真館の荒木先生が、家族の絆(心の表現)・動きのある自然な表情
・ファッション性・写真を撮る心構え・価値観を熱い気持ちで講義された。

そして大阪八尾市でやはり人気の写真館の岡本先生が、ライティングを理論と実技でノウハウを、講義
また、世界のトップレベルの写真を見せることで具体的目標を明確に塾生に意識付を行った。

明日以降は、デジタル処理技術を有名なデジタルソフトにも参画されている香川県写真館の小山先生
と経営者として必要な人間力をビジネスコーチでもある東京の写真館である佐藤先生が講義をされる。

そして私を含めた4人のビジネスコーチ陣が、3ヶ月の間塾生のモチベーションを維持させて
次回の講義までの間にこの塾を受けることで良い気づきが有る様にバックアップする役割である。

毎回開講初日は、まだまだ硬くなっている塾生を解す為と先生達との距離を縮める為に懇親会を
開催している。そして2日目の講義が、今日一日中あった。

流石に今日は、わたしも本職の仕事がある為参加出来ませんでしたが、昨日の懇親会のノリを
みると良い感じで終了したことは間違いない。

昨日の荒木先生と岡本先生の講義を、聞いていて職業の違いがあってもビジネスの基本は、
同じだという事をしみじみ感じた。

引き寄せの法則?成功曲線・MOJO←自分のアイデンティティを意識して目標を具体的にして明確となることで内から発するワクワク感でポジティブに行動する。

写真館の活性化に、また写真館の将来に少しでも役にたてることに喜びを感じています。



posted by あてさん at 23:23| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月17日

海猿 3部作

今日もまた、WOWOWネタ
夕方16時から22時15分迄 連続で海猿3部作を観た。
物語は、ここで書く事も無い程有名な海上保安庁の潜水士が主人公
全編にわたり、絆と諦めないことがテーマ

絆は、震災以来みんなが感じた人間としての繋がりの大切さ
そして相手を思う気持ち 愛情 等々を凄く意識して観ていました。

もうひとつ諦めないこと
最後の瞬間まで諦めないで、前に進んで行こうとする気持ち

コップに半分しか水が無いと思うのでは無く
半分も水が有ると考えることで、少しでも可能性が有れば
諦めない大切さ

明日のFIFA女子サッカー決勝戦日本なでしこも
諦めない事を、教えてくれている。

これは、マーシャル・ゴールドスミス先生の「MOJO」にも通じる
前向き思考で、ドップリこの映画を観ることで
頭に焼き付けることができた。

この様に頭に強く焼き付けることで
私の脳が、習慣化されてこの様に物事を考えてくれることとなる。

そうすることで、いろんな困難にも逃げないで前向きに
ぶつかってゆく強い気持ちが出来ると思っている。

これは、石原明先生の成功曲線にも出てくる事である。

同じくビジネスでも今繋がりと前向き思考を、感じている。

前向きな気持ちを保つには、
マーシャル・ゴールドスミス先生が、最新作で書いている。

自分が何者であるか 立ち位置は? お客様は誰か?
などアイデンティティ

自分の目標は? 目的は?
などを決める事で、その成果を判断する

その成果を、第三者がどう評価するか?
客観的に見る事

そして自分でコントロールできない事に対しては、
受け入れる事も大切である。

さあブルーオーシャンに前向きに旅立とう!

posted by あてさん at 23:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月10日

ウルトラQ

WOWOWでウルトラマンシリーズの基になった「ウルトラQ」のリメイク版を放映している。
懐かしくて見始めた。
懐かしい怪獣が、テレビ画面に出てくる。
そして日本の高度成長期時代の日本の映像も観える。
東京のビルや車・テレビ・電話等々
田舎では、道はまだ舗装されて居らず、本当に懐かしく見ることが出来る。
そして
東北地方からの出稼ぎ労働者が、出てきたりと当時の社会情勢も

そんなドラマの中で「ガラダマ」という題名の回が有った。

最初に歳をとった主役の三人が
これからはじまるドラマを思い出すシーン
そしてトビラが開いて正規のドラマとなる。
内容は、小さな隕石が、怪電波を発していて、その後
ガラダマという怪獣が、隕石となって宇宙からやって来る。
ガラダマは、その怪電波を目指して動きだしダムを壊して東京へと向いだす。
その怪電波を遮断して無事に怪獣をやっつけるという内容である。

凄く気になったのが、その最初の主役三人がショートドラマ
停電の中三人が、ロウソクを立てて会話をしている。
すると電気が点いて電気に感謝するシーンがあるのだが
これが今年の日本を写している事でした。

その当時は、停電も一般的に有ったのだったと思う。
今年でなければ、このシーンが気になる事は無かったと思う。

その次の回は、「東京氷河期」という題名

この回は、あの三人が石油ストーブを囲んでのシーンから始まり
トビラが開いて始まった。

今回の怪獣は、ペギラ
この怪獣は、二回目の登場
初回の登場は南極観測隊昭和基地に
出て来たのですが、今回は東京に出現
そのドラマの中の1シーンが、
凄く気になった。

それは、主人公の一人が、新聞を読む台詞に
「南極が、暖かくなっている」
という事が有り、もう一人の主役に「南極が、暖かくなろとどうなるの?」と
問いかけるシーンが、あるのだがまさに今の温暖化を意識したような台詞
当時、そんな事をドラマで言っていた事に驚いた。
そしてドラマは、続く
ペギラとは、名前から想像できる様にペンギンに似た怪獣であるが
何故このペギラが、出来たかというと南極で大国が核実験したために
放射能によりペンギンが、変身して出来た。
今回は、南極にある原子力発電所の事故で温暖化し生存に適さない温度となったため、
北極に向かう途中に東京に出現という内容

このシナリオにもビックリ
まさに今の日本の状況そっくり

そのペギラも人間が作り出してしまった怪獣
今回の問題も人災

このドラマでペギラを、やっつけてくれるのが
東北から出てきた季節労働者
その人は、戦争中零戦のパイロットで
ペギラにセスナ機で爆薬を混ぜた薬を積んで
ペギラに突っ込みやっつけるのですが
今の原発を、必死にやっつけ様としている原発の現場の
方々に置き換えてしまった。

改めてこのウルトラQの凄さを、感じてしまった。


posted by あてさん at 21:18| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月02日

体感簡単快適オフィス

紫紺クラブの6月定例会は、株式会社内田洋行の本社に訪問して
前田執行役員よりプレゼンを受けてショールームで実際の最先端のオフィスを体感した。

プレゼンでは内田洋行さんが、目指しているユビキタスをわかり易く
映像を使って紹介頂いた。

内田洋行さんの言われているユビキタスとは
ITをより簡単に使い、人と人の会話を大切に、また自然との調和を持つ空間である。

その空間を体感するショールーム

ショールームと書くと本社の中にある一部分と思ってしまいますが、本社全体がショールーム
その中は、ITが所狭しと目立っているかというとまず眼につくのは、木

本社入口には、数段木で出来た階段が有り、横には料亭の様な黒塀
入口正面には、大きなタマゴの様な木が目に入ります。
これは、木製滑り台のオブジェ

その後ろには、会社の歴史を紹介するスペースが有る。
これが、またテレビで紹介されただけに、ビックリ!

このスペースは、小さな小部屋になっており
部屋の真ん中に円形のテーブル、その周りの壁に
時計回りに内田洋行さんの歴史が、パネルで紹介されている。

これは、何処でも見かける光景ですが、良くみると
その長い歴史の中に、いろんなエポックが有ります。
そのエポックは、ミニチュアが入っている小さな樹脂で
出来たキューブが有るのです。

子供の頃ミニチュアカーを収集していた私としては
そのミニチュアだけでも興味が、有りますが
そのキューブを、壁から取り外す事が出来
円形テーブルにそのキューブを、持って行きテーブルに置くと
部屋全体の照明が段々と暗くなっていき円形テーブルには
そのキューブの中のエポックを紹介する映像が音声と共に
流れると云う仕組みなのです。

これはそのキューブにICチップが、埋め込まれており
そのICチップより情報を、得たサーバーが部屋全体の
LED照明の調光をコントロールして、そのエポックである
情報を映像として円形テーブルに映し出す。

と云うIT技術が、隠れているのですが
お客様は、興味のあるエポックを取って置くだけと云う
簡単な動作だけで情報が手に入る。

そのエポックの中には、みんながよく知っている
マジックインキが、小さなミニチュアになって
あったのです。

この技術もビックリしましたが、マジックインキを
商品化したのが、内田洋行さんとは全く知らなかった。

この技術は、いろんな商品として使われているのです。

例えばワインを購入しようと思っているお客様は
並べられているワインの中から瓶を取り上げて
テーブルの上に置くと商品の説明が映像とともに
見る事ができるのです。
その説明をみて一番自分が飲みたいと思うワインを
選んでいただける。

この場所には、販売員は居ないのでじっくり時間を掛けても
気にならない。

と云う様に商品は、なんでの良いのですがこの様に
お客様が楽しみながら買い物が出来る事は
これから凄く大切ではないだろうか!

また最近流行りのiPADなどで、ICチップ埋め込んだカードを
かざすと商品のプレゼンが、出来る様にするなど
営業ツールの一つとして将来出来てくる様な
気がしました。

まだまだ、省エネを提案できるデモ等いっぱい有りました。

続きは、次回続編で


  
posted by あてさん at 07:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月08日

ヒルトン・グランド・バケーション・クラブ

三年前に、親戚の結婚式でハワイに来た時にデューティーフリーショップで紹介を受けて、その時は帰国後新宿でその説明会に参加した。
90分間の説明を聞くと130ドル相当のタートル リーフ スりノーケルかアドベンチャーセール・ディナーの中から一つ無料で招待してくれます。
何の説明会と云うとハワイに有るヒルトンの宿泊場所いわゆる別荘となる部屋を購入してもらうプレゼンなのです。
三年前は、食事券を貰いました。
今回は、現地で、実際に何種類かの部屋を見学してのプレゼンでした。集客からクロージングまで、流石ヒルトンと感心しました。まず集客対象は、日本人で年収750万円以上の夫婦である。集客方法は、ハワイで必ず日本人が行くであろうデューティーフリーショップやアラモアナショッピングモールなどにクラブコーディネーターとして日本語が話せる人を配置する。今回我々は、アラモアナに行った時に、中心に有る情報コーナーでアラモアナに有るディズニーストアの場所を聞く際に、集客されました。このカウンターには、特にヒルトンと感じる雰囲気は感じさせない。
アラモアナは、約3ヶ月でお店の場所が変わるのでこのカウンターを利用することになります。そして何気ない会話の中からハワイに何回来た事があるかなどを、交えながら選別しているのでしょう。
当然ハワイに何回来た経験の有る人は、年収いくら位などのバックデータは、収集しているはずである。
それに基づいて、質問する内容が、決まっているはずです。
そのコーディネーターが、選んだ夫婦連れに対して、ヒルトン・グランド・バケーション・クラブの簡単な説明をしてその場でプレゼンの日時と無料の催し物を決定する。
ここでは、多分ほとんどの人達はこの無料の魅力的な催し物につられている。
この費用も通常オプショナルツアーの人達と一緒なので、経費もそれ程かかる訳でも無いでしょう。
そしてプレゼンの会場は、当然ヒルトンのクラブビルの上層階に各組毎の部屋にプレゼンターと一緒に
ここでもまずプレゼンターは、質問から始まる。申込書から過去のデータを、用意している。前回は、いつこの説明会を聞いてどんな提案してクロージングが、どうであったか
プレゼンの最中もこちらの名前を、いれながらオーナーになった様にプレゼンを進める。全世界のヒルトンを使用できるような感覚になる。
プレゼンターの質問力も上手く容姿端麗で、身だしなみもスタイルも良い。
案内が終了すると最終段階に
貴方達が、この素晴らしい別荘をてにいれた時にどの様なライフスタイルが出来るかを想像させる。
資産価値もあるので子供達達にも残す事が出来る事など

そして見積作業になり、その結果を元にマネージャーが、最終クロージングとなる。そこでは、費用を安くするための提案など先程の結果に対応する提案策を提案する。
マネージャーが、来るまでの時間にこれまで購入された方達の感想を上手く見せるなどお客様の声を見せる
集客からクロージングまできれいな流れになっている。ハワイ滞在約1週間で数百万円から場合によっては数千万円まで受注するシステムは、流石ヒルトンと感じました。
posted by あてさん at 02:45| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月21日

バスタブ

ガイヤの夜明けで紹介されていたバスタブメーカーjaxsonと言う会社は、てっきり外国の会社かと思っていました。
昨年毎年行っている下田のホテルに新しく出来たワンちゃんと一緒に泊まれるコテージに、このメーカーのジャグジーが広いベランダにあったのでした。
海から直接このジャグジーに入れるので、凄く気に入ってひと夏に二回も行ってしまったほどです。
昼間は、ゆっくりビールを片手にジャグジーに浸かりながら 本を読んだり、夜は、こっそり露天風呂として使ったりと楽しませて頂きました。丸い圧力計の様な操作BOXでバスタブ内のライトを虹色の様に変えたり、ジェットバブルが出てきたりと最高でした。
その操作BOXにjaxsonと書いてあり、その他の記載も英語だったのです。
で直感で外国の会社と勝手に思ってしまいました。ガイヤの夜明けの中では、会長の清水秀男さんが最初から世界マーケットを意識して製品化され、かつ日本文化である肩までゆったり入れるようなバスタブで、日本文化を広めている。
清水さんは、最初イスのデザイナーだったようですが、外国デザイナーから「座る文化の無い日本人には、難しい」と言われて愕然としたそうですが、我々の育った文化を意識してビジネスモデルを考えることとその文化で世界マーケットを意識する大切さを感じました。
posted by あてさん at 13:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月09日

早慶明ジャズフェスティバル

昨日の早慶明ジャズフェスティバルの入場者満員でしたので、約1250名
今年で11年を、迎えて地元に定着した催しになりました。
地元の学校・社会人も一緒に有名なジャズメンや早慶明の学生と一緒に演奏
我々実行委員も数ヶ月前より毎月必ず打ち合わせを、繰り返しながら
全てそれぞれのOBが、手弁当でチケット販売も実施
今回は、フェスティバルの収益金の中から義援金も送る事も
いろんな意味で、貢献しているフェスティバルに成長しました。
これも全て今までたずさわった先輩諸氏のお陰も忘れる訳には、いきませんね。
posted by あてさん at 06:35| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月03日

紫紺クラブ

城南地区中心の経営者及び経営者を目指す同じ大学の先輩・後輩で構成されている紫紺クラブ

その総会の実行委員長に、指名されて実行委員会を作って十数人でここ数ヶ月準備してきましたが、今回の震災で急遽内容変更する事になり23日終了しました。

今回の総会で、感じたことは価値観が同じで同じ目標に向かっている仲間で作る行事は、細かい指示をしなくても、それぞれの役目を事前に決めてあるので、各人自分のやらなければならない仕事をやってくれる事を体験出来ました。

会社も全く同じで、如何に同じ価値観を共有して、明確な目標に向かって進む事は大切です。

こんな仲間とお互いWin Winの関係を作っていけたら、楽しいでしょうね。
posted by あてさん at 11:08| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月18日

拓ちゃん

今日中国から帰ってきてから初めて拓ちゃんとWEBについて、打ち合わせをしました。
やっぱり惚れ込んだだけは、ある人である。

拓ちゃんの切り出しは、まずWEBの打ち合わせと云うよりは、こちらの現状把握から始まりビジネスモデルをどうしてら良いかを、徹底して考えて、どんな方法が一番効率よく有効か真剣に一緒になって考えてくれた。

まだ、契約もしていないのに

通常であれば、私が拓ちゃんのサービスを使うことを、決めているのにも関わらず、一から一緒になって考えてくれた。

そんな拓ちゃんだから、一緒にビジネスをしたいと、心底思っています。

今日の話し合いで、もう一度勝てるビジネスモデルを、再検討しなければならないことが、よくわかった。

posted by あてさん at 21:22| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。