2011年09月18日

本当のオシャレとは?

日本テレビ『心ゆさぶれ!先輩ROCK YOU』を初めて見た。
今週のゲストは、BEAMS社長 設楽洋さん

この番組の中で設楽社長は、新入社員に聞いている質問があるのだそうです。
それは『オシャレとは?』との問い
いろんな答えが、返ってくる。
設楽社長の答えは、『おしゃれとは相手の気持ちがわかること』という答え

それに気がついたのは、設楽社長の学生時代の友人と会った時
学生時代オシャレだったその友人が、ダサイ恰好で現れた。
その時は、『何てダサイ恰好だろう。学生時代はオシャレだったのに』
と思ったそうです。
しかしいろいろ話をしたところ、その友人の外見だけで判断してしまった事
からの反省だったそうです。

人間の内面を、成長させる事
それが
最終的に相手の気持ちがわかる
に通じる事だと思う。

大人になったら自分の顔に責任を持ちなさい。
これも同意語だと思う。

その顔に責任を持てる様な内面を磨きなさい。
その内面の成長が、顔に現れるのです。

人生いろんな出来事が起きます。
困難な壁にぶつかる事も
その時、逃げない!前向きに進んで行くポジティブな気持ちが
自分を成長させてくれる。

そして相手の気持ちがわかるためには
傾聴する事も大切
自分の主張も大切ですが、相手が一体何を伝えたいのか
何を思っているのかよく聴くこと

自分が伝える時も、伝わるために
相手が聴いてもらえる環境を作っているか
伝わるために、伝える事を明確にしているか
などなど


本当のオシャレの話を聴いていて
いろいろ考えさせられる番組でした。
posted by あてさん at 09:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月16日

危機管理と顧客満足

どんな会社にもクレームが、発生する。不祥事が、起きる。家庭でも同じである。
その時の対応が、その会社(人)の本質が解る。社内でも同じで悪い情報が一番速く共有化される事が大切である。
当然オープンにする事で、短期的にはデメリットが発生するが、長期的にはメリットとなる。
いろんな危機管理が有るが、どんな事も情報の共有化が必要である。
そうする事が最後にはお客様の満足に繋がる。
今回の原発事故でもその事がよく解る。

今日、パートナーの会社の信頼出来る友人からその会社の不祥事が有ったとの連絡を頂いた。
その事は、発生してそれ程経っていないはずなのに、まだお客になっていない私迄に連絡がはいった。
中々出来る事ではない。
これこそ災い転じて福となる。
こんなに素早い対応が出来る会社(人)に対して私が思っていた信頼感は、間違っていなかった事を改めて感じた。
これが顧客満足だと思う。
我が社もお客様からそう思ってもらうように意識して仕事を進めたい。
posted by あてさん at 23:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。