2011年02月19日

燃料電池自動車

水の電池分解
中学時代理科の実験で、誰でもがやったことが有る。
そう!
水に電気を流して水を水素と酸素に分解すること
その反対が燃料電池
水素と酸素から電気と水を作る。

環境にとっても優しい‼

家庭用燃料電池
そして燃料電池自動車

その燃料電池自動車に、試乗させて頂いた。

まず音が静か
これは、ハイブリッド車でも感じたことだが

そして次に
アクセルを、緩めた時にモータが発電機に変わりバッテリーに充電される事がモニターに現される。
これを回生と云うのですが
見える化で、凄く楽しい。
この辺りもハイブリッド車•電気自動車でも
同じ(まだ電気自動車には、試乗した事はないのですが)

そして感じたのが、普通のクルマにない加速感
さすが電気モータ

以前勤めていた会社で、サーボモータを製作販売していたので、やはり嬉しくなってします。

ここまで書くと全く電気自動車と変わらない。

しかし、全く違う点がある。

それは、一回の水素充填で約600キロ以上走る事が出来るのです。

東京〜新大阪間は552.6キロ
新神戸でも600キロに届きません。

電気自動車との大きな違いである。

水素スタンドも国プロで徐々に出来てきたいますが、まだまだ大都市に限られるので、当面はバスなど大型自動車がメインの様です。

将来は、燃料電池自動車がメイン欲しいですが
当面は、ハイブリッド車の購入ですかね。

個人的には、新型アルファードのハイブリッド車が、出ないかな?と思っています。



posted by あてさん at 00:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月13日

ロングテール

これからのHPの方向が、はっきりしてきた。
それは、今週月曜日のトップ3%クラブのゲストスピーカー山内拓也さんの話を聞いて、懇親会ですかさず名刺交換
翌日お礼兼ねてメールさせて頂き、大阪に帰る日の朝食を食べながらミーティングとなった。

山内拓也さんは、釣り具用品をネットで年商70億円にした。
ネットでの立ち位置は、我社と同じ商社
違いは、B to C か B to B かで有るがネットで
販売する考え方は、共通で大変同感出来た。

そしてその戦略も同じ
違いは、どれだけ集中と選択するかの差
実は、これが圧倒的に違う!

いろんな話をさせて頂き、その選択と集中を行う為に山内拓也さんが今行っているHPネット販売社に対してのアウトソーシングを検討

急遽、3月山内拓也さんとアウトソーシング先で有る中国の四川省に視察に行くことにした。

「行動すれば次の現実」は、この先どうなるか?
楽しみな気持ちで、いっぱい!




posted by あてさん at 09:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。